アトピーの紫外線治療|肌トラブルで悩んでいるなら皮膚科利用がおすすめ

肌トラブルで悩んでいるなら皮膚科利用がおすすめ

アトピーの紫外線治療

診察

白斑や乾癬にも有効

紫外線は肌を老化させる大きな原因になり、発ガン性もあることから、できるだけブロックしたほうが良いとされています。しかし新宿には、紫外線を皮膚病の治療に取り入れている皮膚科のクリニックがあります。普通の紫外線を照射すると日焼けと同じ状態になり、肌が火照ったり赤くなったりします。また長期間紫外線を浴びつづけると、シミやシワができやすくなります。新宿の皮膚科に導入されている治療器は、紫外線の波長を狭い帯域に絞ることで、こうした副作用を抑えています。具体的には波長308ナノメートルのエキシマライトや、311ナノメートルのナローバンドUVBといった治療器があります。これらの機器は照射範囲や光の強さに違いがあり、新宿の皮膚科では症状に応じて使い分けたり、組み合わせたりして治療を行っています。紫外線治療器はアトピーなどの炎症を抑えるのに有効で、ステロイド剤の副作用が気になる方や、効き目が弱い方に適しています。また難しいとされる白斑や乾癬の治療にも用いられ、円形脱毛症に効果的とも言われています。1回あたりの照射時間は数秒から数分で終わり、週1〜2回の治療を2〜3か月ほど続けるのが一般的です。症状によっては長期的な治療が必要になるので、まずは専門医の診断を受けてください。新宿から他の地域の皮膚科に転院する場合、紫外線治療の記録をもらっておけば、転院先でも引き続きスムーズに治療を受けることができます。

Copyright© 2017 肌トラブルで悩んでいるなら皮膚科利用がおすすめ All Rights Reserved.